訪問介護

住み慣れた自宅で生活したい。仕事や家事、子育てもあるけれど、何とか自宅で介護していきたいとお考えの方、応援します。

要介護者の体調が安定していればこそ、ご家族も安心して在宅介護をすることができます。
私たちは要介護者とそれを取り巻くご家族の両者が元気に暮らせるケアを目指します。
主治医、ケアマネージャーと連携しサービスを提供する中で、課題や生活障害となっている事柄を見つけ出し、解決に向けて取り組みます。

在宅介護の中で、最も介護者の負担となるのが排泄です。特に排便は「いつ出るかわからない」という時間的な拘束感に不潔感も加わり介護者を苦しめます。私たちは「水分、食事、排泄、運動」のケアを取り入れ、オムツに頼らずトイレでの座位排泄にこだわり、排泄の自立を目指します。排便の心配がなくなるだけで、介護は随分と楽になります。

また「家事が大変になってきた」との理由から、生活援助を利用される方に関しては、自立支援型家事援助により、ふたたび家事ができるようになるような関わりを目指します。

食事作りの介助

楽しい会話がはずみます

賞味期限が切れていないか、冷蔵庫の中をチェックしたりも